離婚係争中に子供のことで相談があった事例と解決

離婚係争中による親権問題

破たんした夫婦間での子供のこと

 

離婚係争中に「子供の取り合い」ということはよく起こる話です。子供を奪ったり奪われたするようなケースは子供にとっては良くないことです。

 

離婚の裁判では、子供の親権についてはどちらに親権があるのか?は裁判中はどちらの親にも権利があるという前提で進みます。裁判所からはっきりと指定されるまではわかりません。

 

母親・父親が親権を取り戻す為には

 

例として、夫婦と子供一人がいる家族でとして事実上夫婦の仲が破たんしている、夫婦の母親側が離婚を考えているときに、夫婦の父親の母が現在子供の面倒を見ている場合、夫婦の母親が父親から子供の親権を取り戻すために、裁判前に「私の方で育てる」という既成事実を作っておきたい場合どうすればよいかという質問がありました。

 

裁判所に申し立て

 

まず家庭裁判所にこう申し立てることです。離婚が成立するまで時間があるのでそれまでの間は子の監護役を母親であるあなたに指定して欲しいと申したてるのです。もし指定されれば現在父親の母の元に居る子供をあなたに引き渡すよう裁判所から命じてもらえることができます。まずはこの方法を手順として踏むのが妥当な考えです。

 

必ずしも希望が通るとは限らない

 

しかしこの場合でも、必ず裁判所があなたに子供の監護役を指定するかどうか?についてはわかりません。理由としては、あなたと父親の経済状況や、子供を育てる環境、他に人柄や熱意なども含めて裁判所は判断します。

 

最高裁判所の考え

 

夫婦の一方が人身保護法に基づいて、共同親権に服する幼児の引き渡しを請求した場合には、拘束されている違法性が顕著かどうかということを、夫婦のいずれかに監護させるのが子供の幸せになるのかどうか?ということを見て判断することになっています。

 

まずは裁判所への保全手続き

 

審判の前に、子供を手元に取り戻したいときは「保全手続き」を行います、方法については「裁判所への保全手続きの手順」のページをご覧ください。

 

裁判所への保全手続きの手順

 

関連ページ

一刻も早く子供を引き取りたい|離婚の問題でよくある相談
離婚に関する情報。裁判所への保全手続きの手順について。