カードローンや銀行のキャッシングの申し込みで審査は必要?それとも不必要?

キャッシングにおける審査について正しい知識を知る

個人がお金を借りる時は、銀行か消費者金融、クレジットカードなどを作って融資を受けるのが一般的です。

 

まず結論から申しますと、キャッシング申し込みで、枠を付けるために、原則として審査なしという融資やキャッシング、クレジットカード発行は存在しません。キャッシングでもカードローンでも申込時に、在籍確認がない場合がありますが、決して審査なしで行われるのではありません。

 

カードローンのキャッシングについても同様です。なぜ審査が必要かと言うと、担保も保証人も必要なく借り入れをするには、申込者本人の過去や現在のキャッシングの履歴や債務があるのか?それらを見て信用度を審査によって判断するしか方法がないからです。

 

審査される内容

 

審査については次のような内容となります。

 

  • 希望したキャッシング額が収入の割に少なく、返済不可能なリスクが低いかどうか?
  • 申込者の記載に疑わしい兆候がないこと。
  • 信用機関に照会しても特に問題のある利用歴が見当たらないこと

 

などです。これらは債務を受ける側では目に見えないところで行われるので、一見審査なしのようですが、申込者の知らない所でしっかりと審査が行われています。

 

在籍確認

 

これらと一緒に、勤務先の在籍確認などがあります。

 

申込者の信用度が好ましい状態であるため、特に在籍確認をしなくても構わないケースもありますが、それは稀です。また、在籍確認の代わりとなる書類を提出した時はそれが通れば省かれます。

 

闇金融には要注意

 

もし、審査なしでキャッシングできるようなことがある場合は、法外な金利を要求されたり、違法行為のやり方でお金を貸す、いわゆる闇金融というシステムの場合があります。

 

いとも簡単にお金が借りられるように仕向けて、その代わり高い金利を要求されることがあります。

 

なぜ審査なしで借りようとするのか?

 

実際に、高い金利でも「審査なし」で借りたいと言う方がある一定数おられるのは事実です。それはなぜなのか?

 

別段、審査を受けても必要なお金のキャッシングができるのであれば、文句もないはずなのですが、「審査なし」を希望する人は、過去にキャッシングやカードローンにおいて、ブラックな履歴がある人が審査を受けてもお金を借りられないからです。

 

借りられないなら、借りなければよいのですが、そういう方々はギャンブルや遊行費などでお金を使い果たし、生活費もままならないような方がだからです。背に腹は代えられないといった状況に陥ったかたです。

 

違法性の融資は受けないこと

 

審査無しで借り入れ可能、という謳い文句がある場合には、違法な融資の可能性が100%と言ってもよいくらい、高いです。そういうところでの誘いは決して信用しないように注意をしてください。借りてしまうと十一などという(10日で1割の金利)通常では到底借りた元金が返せない金利を払うよう迫られます。

 

信用のあるキャッシング会社は?

 

審査が行われるカードローンや消費者金融、キャッシング会社は、貸金業や銀行として国の機関で登録されている信用のある会社です。たとえ少額な融資額1万円や、3万円、5万円などをキャッシングする場合でも、無登録の貸金業者からは絶対にないことを守ってください。テレビやネットでCMされているアコムやプロミス、アイフルなどの消費者金融会社なら間違いなく違法性のないキャッシング会社です。また、銀行系のキャッシングももちろんしっかりした審査が行われる、信用できるカードローンですので、そういったところで審査を受けて、お金が必要な時には借りるようにしましょう。

 

審査が通らない場合は?

 

キャッシングをしたくとも、審査が通らず困窮してしまっている場合には、今現在借金があるのであれば、債務整理という手段があります。。法律にのっとった制度で、弁護士や司法書士に依頼して借金の減額や帳消しを融資会社にお願いする方法です。

 

債務額が大きい場合は、個人再生や最悪は自己破産という制度もあります。ネガティブと考えられる方法ですが、債務者を救う救済の法律ですので、それらを解決するためには、前向きに取り入れることも必要です。